お待たせ?!Wii Uの発売は12月8日に決定

クリスマスシーズンに投入予定とされていた任天堂の新型ゲーム機「Wii U」の日本での発売日が12月8日となりました。
発売されるのは、2タイプ。白いボディの「ベーシックセット(内蔵フラッシュメモリ8GB)」が2万5000円(税込2万6500円)
もう一つは黒を基調とし、内蔵フラッシュメモリが32GB搭載された「プレミアムセット」で、価格はベーシックセットより高い3万円(税込3万1500円)
プレミアムセットにはWii U GamePadの充電スタンドの他、専用のポイントサービスも付属します。
このポイントサービスは「Nintendo Network Premium」と呼ばれていて、Wii U用のソフトをダウンロード版で購入、あるいはその他のデジタルコンテンツを購入した際に10%のポイントが還元されるというもので、2012年12月末までの限定サービスとなっています。

また、Wii Uの本体にはGamePadが1個同梱され、最大で2つを無線接続で利用できるようになっています。(Wii用コントローラは最大4台まで接続可能です。)GamePadを単体で購入する場合の価格は1万3440円(税込)
気になるWiiとの連携ですが、ソフトは、Wii Uを「Wiiモード」にすることで使用が可能。今までに購入したバーチャルコンソールやWii Wareは、WiiからWii Uへと引越しが出来るので、引き続き利用することが出来ます。

Wii U本体セットの予約情報

家電量販店やゲームショップ等でWii Uの予約が開始されています。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ