カプコン期待の新作「ドラゴンズドグマ」が予想以上のヒット

カプコンから発売された「ドラゴンズドグマ」が思っていたよりもヒットしています。
体験版の評価が微妙だったのとシリーズものではない、いわば完全新作だったのでユーザーの食指が動くかどうか分かりませんでしたが、モンハンぽいイメージが、PVやCMで流れたのがセールスにつながったのかも知れません。
ただ、モンハンとは違い、オンラインでの協力プレーが出来ないので、今後の売り上げに影響してくるかも知れません。
中古市場は定番の人気タイトルが好調を持続。特に「機動戦士ガンダム エクストリームバーサス」は、昨年の12月発売から長く売れ続けています。ソフトの賞味期限は比較的短い場合が多いので中身が良いのでしょうね。
他には最近発売された「バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ」も、一定量売れているようです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ