有機ELディスプレイが魅力のゲーム機

ソニーが社運をかけた(?)新型携帯ゲーム機、PlayStation Vitaですが、売り上げは低空飛行が長く続いています。
CPUには、ARM系では高性能の部類に入るCortex-A9 coreを搭載。 GPUは、Imagination TechnologiesのSGX543MP系列のものが使われ、1ミリワットあたりの性能は世界最高レベルのGPUコア。
「PS3のゲームをフルスペックで移植できる」といわれていることから、超がつくほどではありませんが、性能が高いのは間違いないところですが、ソフトが充実していないのが不振の大きな要因といえます。
通信機能は、3GまたはWi-Fi通信が出来、購入するモデルによって機能が異なります。3G回線については、日本通信のb-mobile 4G Amazon限定パーケージをPSVitaで試してみたの記事で書いたものが現状ではベストと思われます。
発売当初は3G搭載モデルとWi-Fiモデルに5000円の価格差がありましたが、最近では中古価格の差がなくなりました。3Gモデルの在庫が多いためと考えられます
PSP後継機としてみた場合、グラフィックの向上など魅力的な面も見られますが、なかなか買い替えが進んでいない模様。年末に向けてソフトの充実が待たれるところです。

ファルコムはVITAの強い味方?!「イース」が好調。

日本ファルコムの人気シリーズ最新作、「イース セルセタの樹海」がヒット。若干品薄状態が続いているようです。

この投稿の続きを読む »

救世主現る?!「初音ミク プロジェクト ディーヴァ f」がヒット

とうとうミクの登場だ。「初音ミク」がデザインされたVitaの本体を目当てに一部店舗では大勢の行列が出来たところもあるそうで人気の高さが伺えます。

この投稿の続きを読む »

夏休み突入!PS VITA市況は、盛り上がりに欠ける寂しい内容

注目されたレベルファイブの「タイムトラベラーズ」でしたがVita版は、本体の販売台数の割には売れたほうか。

この投稿の続きを読む »

Vitaを引っ張った「ペルソナ4」

PSVita版が発売された「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」(アトラス)の売れ行きが想像以上に好調。Vita本体の売り上げにも貢献大で、やはり面白いソフトが出ることがハードの売り上げには大事なようです。

この投稿の続きを読む »

久しぶりに新作が出たPSVitaはシェルノサージュ頼み

新作の少ないPSVita市場において久々の話題作「シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~」が発売。

この投稿の続きを読む »

「ラグナロクオデッセイ」が、中古でも売れている様子

あまりタイトルが発売されていないVita市場において、「ラグナロクオデッセイ」が割合売れている様子で中古でも人気。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ