PS3の次はPS4ではなく「Orbis」になりそう?

海外ニュースサイトで次世代プレイステーションの噂が掲載されている。それによるとコードネームは「Orbis」とされラテン語で「円」や「環」という意味を持つ言葉とのこと。
何らかの世界観を表しているようで、ネットワークを中心につながりを重視するという感じでしょうか。
また、記事によると、CPUはAMD製のx86プロセッサで、GPUもAMDのSouthern Islandsシリーズを搭載するという話です。
さらに発売時期についても触れられていて、2013年のホリデーシーズンのリリースを計画しているとされています。

中古ゲームへの対策を導入<?/h4>

Orbisでは基本的にHDDにゲームをインストールしてプレイするようだ。そしてその際に登録したPSNアカウントでしか遊べないようにロックがかかる仕組みになるらしい。
もし中古で買ってプレイする場合には追加料金を払ってロックを解除する必要になるとのこと。基本的にはオンライン環境が必須条件となる見込み。
ただし現状では、ゲーム販売店においての利益の大きな部分を中古に依存しているという事情もあるので実装されるかどうかはわかりません。

PS3との互換性はない?

情報筋によると、PS4はPS3ソフト、PS2ソフトとの互換性がないということですが、あくまで「噂」なのでどうなるのかはわかりません。ただPS3でもPS2のソフトはプレイできなくなっているので、現実味は有りそうです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ